■国家試験のご案内(対策講座)

当校の国家試験対策講座は3種類あります。

学生・社会人にお勧めです。

 

文理系問わず、社会で必要とするITの知識、またエンジニアを目指す方の登竜門です!

①「ITパスポート(IP)」→7月開始予定

②「基本情報技術者試験(FE)」開講中

③「情報セキュリティマネジメント試験(SG)」開講中

 

各対策講座では、当校推奨の試験対策テキストに出てくる用語の意味や運用イメージ、解釈方法、不明点のサポートなど的を絞ってレクチャーします。自力で悩みながら進めていくより、格段に効率良く進めることができます。

講座終了後、自己管理のもと過去問題集を含めて、試験対策テキストをしっかり勉強の上、国家試験に臨んで頂きます。

 

※本講座の無料体験は行っておりません。

※各講座共に、週2回まで(1回1時間)となります。

※講座が必ず合格を保証するものではありません。あくまで本人の努力次第となります。

①ITパスポート試験(IP)

 ITパスポート試験について

本試験はITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

新しい技術(AI・ビッグデータ・IoT )の知識を始め、IT(セキュリティ・ネットワーク)の知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験です。

効果的に利活用できる"IT力"が身につきます。

(公式サイト)https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

②基本情報処理技術者試験(FE)

本試験は「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定している国家試験です。

ITエンジニアの登竜門とも呼ばれており、基本情報技術者試験をクリアすることは、エンジニアとして企業で働くための第一歩といえます。この試験に合格することは、ITに関連する基本的な知識・技術を身につけていることの証明となります。

(公式サイト)https://www.ipa.go.jp/shiken/kubun/fe.html

 

③情報セキュリティマネジメント試験(SG)

本試験は、情報セキュリティマネジメントの計画・運用・評価・改善を通して組織の情報セキュリティ確保に貢献し、脅威から継続的に組織を守るための基本的なスキルを認定する国家試験です。

組織全体の意識を高めて情報漏洩のリスクを減らし、トラブルが発生しても被害を最小限に抑えることができるようになり、業種・職種・部署を問わず、多くの現場で必要とされている能力です。

(公式サイト)https://www.ipa.go.jp/shiken/kubun/sg.html

 

■国家試験対策講座の料金について

IT国家試験講座料金表
名古屋市天白区のチャオパソコン教室のお問合せはこちら

 

お問合せは、左記をクリック!